トピックス

2021年01月のトピックス

第58回淡路農林水産祭

2021年01月のトピックス「花の展示を楽しむ参拝者」
花の展示を楽しむ参拝者

豊作・豊漁を祈願する第58回淡路農林水産祭が15日、淡路市の伊弉諾神宮で開かれた。新型コロナウイルス禍のため、消毒の徹底や通路を分けて人の往来を分散するなど、感染対策を講じた中、参拝客が訪れた。境内にはタマネギやレタス、花などの淡路島の特産品が展示された。例年は花の即売会を行っていたが、密を避けるために今年は中止し、同神宮へ奉納した。島内の淡路、洲本、南あわじの3市とJA、関係団体などでつくる実行委員会が主催し毎年開いている。農林水産業の発展の貢献者へと、農林水産物などのコンクールの金賞受賞者への表彰も行った。表彰式では各部門で一人ずつが代表して、表彰状を受けとる形をとった。

竹筒から流れ出るおかゆの形で稲作の豊凶を占う「御粥占祭」もあった。平安時代から続く伝統神事で、3本の竹筒はそれぞれ早稲、中稲、晩稲を示し、参拝者は「今年は早稲がいいのではないか」と見立てていた。