トピックス

2020年1月のトピックス

新春肉用牛短期講習会/年1産と元気な子牛の生産を

2020年1月のトピックス「トロフィーを受け取る瀬町さん」
トロフィーを受け取る瀬町さん

淡路市のふるさとセンターで1月27日、新春肉用牛短期講習会が開かれた。生産者58人が出席し、飼養管理のポイントや子牛の防寒対策などについて研修した。また、子牛を高価格で販売した生産者の表彰があった。

一宮和牛振興組合の大田原正直組合長が「オリンピックを前に子牛の価格はこのままキープするのではないか。年1産と元気な子牛の生産を目指して、飼養管理をしっかり行い長く牛飼いを続けていこう」とあいさつした。

兵庫県立農林水産技術総合センター北部農業技術センターの小浜菜美子主任研究員が「但馬牛の繁殖管理」と題して講演。母牛の繁殖効率を上げ、元気な子牛を生産するために、分娩前後には配合飼料を徐々に増やして、冬場は夏場より多めに給与することが必要と説いた。また、子育て能力を意識した後継牛を残すことを提案した。

子牛高価格販売奨励表彰の受賞者は次の通り。
▽雌の部=瀬町存徳
▽去勢の部=貫名久雄
▽地区の部=尾崎地区

ゼミナール交流会で笑って学ぶひととき

2020年1月のトピックス「「笑いは元気のもと」と口演する矢野大和さん」
「笑いは元気のもと」と口演する矢野大和さん
2020年1月のトピックス「名曲を一緒に歌う矢吹さん(右)と高橋さん(左)」
名曲を一緒に歌う矢吹さん(右)と高橋さん(左)

当JAは1月19日、生活文化ゼミナール交流会を本店で開きました。支店ごとに催しているゼミナールを全体で集まって、楽しく交流していただこうと企画。会員82人が参加しました。大分県の鷹鳥屋神社で宮司を務める矢野大和さんの口演、淡路島ウクレレサークルで代表を務める ukulele*unit*umi*umi の矢吹憲一さんと高橋ユミさんの演奏と歌、簡単手芸でコサージュ作りなど、心と体が温まるひとときを過ごしていただきました。

矢野大和さんはたくさんの笑い話を交えながら口演し「生涯学習を通じて価値観が広がり知らない情報を得ることができる。勉強している人には魅力がある。笑いと会話を大切にして、どんどん参加しよう」と話しました。