JA淡路日の出

トピックス

2017年3月のトピックス

ビニール・ポリ製品類7.8トン回収

2017年3月のトピックス「ビニール類の重さを量る担当者」
ビニール類の重さを量る担当者

洲本市・淡路市農業用廃プラスチック適正処理対策協議会が中心となって3月22日、JA淡路日の出管内の5カ所で使用済みの農業用廃ビニール類などを回収しました。年に2回実施し、昨年から農家が利用しやすいよう全ての種類を回収しています。今回は、肥料袋約9,600枚、農薬のプラボトル680本、農業用ビニール類約7.8トンが回収されました。

農家は「毎年、利用して助かっている。これからも続けてほしい」と話していました。

農機・自動車合同展示会

2017年3月のトピックス「受付をする来場者」
受付をする来場者
2017年3月のトピックス「新車の展示」
新車の展示

3月18日と19日の2日間、農機センターと自動車センターの合同展示会が開催されました。2日間合わせて約600人が来場し、展示された農機や自動車を見学しました。車のオイル交換キャンペーンも行い、約80人に利用していただきました。